新着情報

配管工とは?配管工の気になる仕事内容や必要な資格を解説!

 

 

家庭や事務所、学校、そして病院や工場など、様々な建物で必要とされるのが配管です。
この配管工事を施行する配管工とはどんな仕事なのでしょうか。
そこで今回、そもそも配管工とはどんな仕事なのか、配管工の仕事内容は何なのか、
さらに必要な資格とは何かをまとめました。
この記事を読めばきっと配管工とはどんな存在なのか理解できるでしょう。

 

・そもそも配管工とは

配管工とは、配管を施行する専門職です。
その担当する範囲は広く、家庭の給排水やガス管といった工事のほか、ビルやマンションの空調も配管工の仕事です。
つまり、配管工とはそれだけ多くの業務範囲のある仕事といえるでしょう。
また、事業所によっては温水や冷水を循環させて空調を行う方式の建物もあります。
こういった場所で使用される配管の管理や修復も配管工の仕事になります。

 

配管工とは、このように専門的な知識や高い技術、作業を適切に行う経験が求められる仕事といえます。
このように建物の裏方ともいえる職業で、かつては男性だけの職場でしたが、
女性進出もあり、様々な人材が活躍する仕事になりました。

 

・配管工の仕事内容はどんなもの?

配管工の仕事内容は、パイプが出てくる工事すべてといっても過言ではありません。
配管工とは、文字通り配管をすべて担当する職業なので、台所の水道、洗面台、お風呂場、
トイレの排水だけでなく、ガスの配管も行います。
意外と知られていないところではエアコンの取り付けも配管工の仕事です。

 

このように配管工とは、水・ガス・空調の配管を担当しますが、それぞれの配管の素材(管材)もそれぞれ異なります。
例えば、金属由来の鋼管や樹脂由来の塩化ビニールの塩ビ管といったものが挙げられます。
また、設置時も配管の流れを工夫するなど知識や技術も求められます。
時には必要に応じて管材を加工して接合部を工夫するなどの創意工夫も行い、
漏出を防ぐためにミリ単位で正確な仕事を行っていきます。

 

担当する場所が目に見えないことが多いため、配管工とは地味な印象が持たれることも多いのですが、
専門の知識や技術を持った技術者です。

 

このような特徴を持つ配管工ですが、
未経験者の場合はアシスタントとして配管工事などを行う設備工事会社に就職します。
そして、実地で知識や技術を学んでいくといったことがほとんどです。
さらに最近では職業訓練校で基礎的な技術を学びながら従事している方も少なくありません。

 

・配管工とはどんな資格が必要なのか?

配管工とはどんな資格が必要なのかというと
「配管技能士」「管工事施工管理技士」「作業環境測定士」の3つの国家資格が挙げられます。
ただし、配管工には業務の従事に資格は必要ありません。
それでも大きな工事や自分の知識、技術を証明するためにも資格取得は必要です。

 

配管技能士は、配管工としてもっとも基本となる資格で1~3級に分けられます。
配管工の経験年数や実績を証明するのに重要な資格です。

 

管工事施工管理技士は配管工事の監督者のための資格です。
建設業法で定められた一定の額の発注を請け負う場合、現場に配置することが義務づけられています。

 

作業環境測定士は安全な配管工事が施工できるように測定を行う資格です。
配管工事は、様々な有害物質と隣り合わせの環境で従事することが多く、
配管工の健康被害をなくすことや労災を防止するために必要とされます。

 

まとめ

配管工とは、あらゆる建物に必要な配管を工事する専門職です。
高い技術と知識が要求されるため、知識や技術、そして経験が要求される作業でもあります。
資格取得の義務はないものの、大規模な配管を行ったり、技術の証明をしたり、
あるいは環境の安全を確保するうえで必須といえるでしょう。

大分でプラント内配管工を目指すなら、山本工業で一緒に働きましょう!


会社名:株式会社 山本工業

住所:〒870-0023 大分県大分市長浜町1丁目4-6 塩九升ビル 1F

TEL:097-578-7240

営業時間:9:00~17:00 定休日:日曜日

対応エリア:大分県内と近郊地域

pagetop